タイトル

雇用形態

近年の働き方は多様化していて、正社員以外にもさまざまな雇用形態で働く人が増えてきています。もしもやりたい職種が見つかり、雇用形態には重点を置かないようでしたら、採用される可能性は高くなります。そらぞれの雇用形態を見てみましょう。

1、正社員

・形態

一般的に「社員」と呼ばれる場合は、この正社員を示すことが多いです。雇用の期限は特になく、なにか問題がない限り、普通は定年退職まで在籍できます。

・メリット

雇用期限がなく、身分が安定していることが最大のメリットです。他には社会保険など福利厚生面が整っていることや、給与面での各種手当てや、賞与。退職金の制度があることも挙げられます。昇進や昇給の面でも厚く処遇されます。

・デメリット

雇用されている以上、業務命令に従わなくてはなりません。勤務地や仕事の内容は、自分の思い通りに選べるわけではありません。転勤があったり、残業があったりするので、プライベートな時間に制約を受ける可能性があります。

2、派遣スタッフ

・形態

派遣会社に登録し、そこから紹介された勤務先で働くことが決まった時点で、派遣会社のほうと雇用契約を結びます。給与は派遣会社から受け取りますが、実際の勤務は派遣先の企業で行う形態です。このいわゆる「一般派遣」と呼ばれる形態以外にも、将来正社員として採用されることを前提にして派遣として働く「紹介派遣」や、派遣会社の社員として雇用され、仕事は派遣先で行う「特定派遣」の形態などもあります。

・メリット

一般の派遣の場合は、やりたい仕事がある程度選べるのが最大のメリットでしょう。職種や勤務時間、給与など自分の希望を派遣会社に伝えることができるので、自分のライフスタイルに合った仕事を選ぶことができます。また普通、給与は時給で計算されますが、アルバイトなどよりも高めになります。

・デメリット

一般派遣の場合はm派遣期間が終われば、雇用も終わってしまうので、収入が安定しないのが欠点です。交通費や賞与についても出ないケースが普通です。

3、契約社員

・形態

はっきりとした定義がないため、会社によっても違いますが、原則として最長1年間に契約で、勤務時間や給与などをその人事に決めて働く形態です。本人と雇用側が共に希望すれば、更新もできます。

・メリット

専門的に能力を持つスペシャリストの場合は、正社員よりもよい条件で契約を結ぶことがあります。また、会社にもよりますが、更新を前提として契約するケースもあるので、昇給や賞与がある場合もあります。

・デメリット

会社によっては、更新を○年までと期限を決めているところもあります。退職金は支払わないことがほとんどで賞与も、一部の会社を除きないケースも多いようです。

4、アルバイト、パート

・形態

正社員と比べると、勤務日数や勤務時間が少ない形態です。臨時の雇用という事になっていますが、期間を定めずに契約するケースもあります。期間を決めずに契約する場合は、そのまま正社員になることもありますが、逆にすぐにクビ(解雇)になる可能性もあります。

・メリット

募集が正社員などに比べて多く、勤務時間もある程度希望がかないやすいのが調書です。正社員などの比べて採用のハードルも低いことがほとんどです。希望の職種を経験することができるチャンスと捉えることもできます。

・デメリット

賞与や退職金がほとんどで、責任のある仕事は任せてもらえないので、やりがいを感じられなくなる可能性があります。しっかりとしたやりがいがある仕事をしたいと考えている方には、不満を感じるかもしれません。

注目サイト

資生堂
http://www.shiseido.co.jp/

Last update:2014/11/12